2006年02月22日

ちなみに、組織的な物ではないですよ。

ちなみに、組織的な応援団ではないですよ。
例の脱退報道後、なんとなく人集めたいなって感じで、自分のブログの「応援したい気持ちのある方は、是非ゴール裏へ来ませんか?。」で人を集めた、その場限りの集団みたいな感じです。(試合前の適当な時間に集まる感じだし)
シーズン終了後も、別に縛りはないです。

あくまで、JHLのHC東京が好きだった訳で、地域に行くならいいやと思う人もいるかも知れないし、これからも観ようと思う人もいるかも知れないですし。
僕が迷っている所も、まさにそこです。


う〜ん。でも、僕ってサッカー関東リーグとかV1リーグ・X2リーグ等、結構いろんなコアなスポーツを観に行っている人間なんですよね。
この時期、時間空きやすいし、自分の観方や体制が変わっても、結局来年も観に行ってそうな気がする。
posted by mctia at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | HC東京応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

応援したい気持ちのある方は、是非ゴール裏へ来ませんか?。

1月8日の豊田合成戦。
もし、応援したい気持ちのある方がいらしたら、是非ゴール裏で観ませんか?。
メインから見て、右側のゴール裏です。
コールHC東京応援ソング
応援したい気持ちがあれば、声ださなくても、手拍子だけでも、突っ立ているだけでも大丈夫です。強要はしません。
大事なのは、気持ち。
複雑な部分もあるけど、試合中は楽しく行こうじゃありませんか。

また、新しくこんなテーマをやろうよと言う人も募集、会場でドラムで合わせて、上手くいったらやります(笑)。今までも、こんな感じだったんで。


それより、駒沢の観客に認められるかが、不安だったりして・・・。
(ここ最近、いろいろ書いたからね。)
posted by mctia at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | HC東京応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

HC東京応援ソング

HC東京応援ソングです。
これもまた、どっかからの流用が多いです。

・Dracs91
オ・オ・オオオオー オ・オ・オオオオオー オ・オ・オオオオー オ・オ・オ・オ・トウキョ!

FCバルセロナサポーターDracs91のメインホームページで流れてくるテーマ。
どんな歌かはこちらをクリックして、トップ画面を待てば自動的にmp3でながれます。(後半にですが)
最後は東京でしめると。(相手の退場や、流れがHC東京に来た時に歌います。場合によってはゴールを得た時も、そのまま歌を続行します。)原曲はラーですがオの方が歌いやすく、迫力も出やすく感じたので変更しました。


・イエローサブマリン
アレー アレアレー アレアレアレ アレアレー×2 フォッサトウキョ アレアレアレ×2

ビートルズの名曲のあれ。サッカーでもいろんなチームに歌われてます。
フォッサとはイタリア語でガンバレって意味。ハンドボールなのにイタリア語(笑)。
結構長期的に歌えていい。
例・Yahoo!音声検索でイエローサブマリンを検索(音声なので直リンクはしません。)イエローサブマリン フォールツァサッポロ! フォールツァサッ ... を選択してください。
コーテクの関係などで、聴けない場合はグランパス親子観戦記2さんの05年10月29日名古屋対清水(豊田)イエローサブマリン〜角田誠のゴールシーン〜を再生してみてください。
サッポロまたはナゴヤを、トウキョウに変えて歌います。


・さあ前を向いて行こう。
アレー アレー 俺達のトウキョウ 恐れる事はないさ さあ前を向いていこう

北陸電力戦の二連敗後のトヨタ自動車戦から歌い始めた歌。
相手はトヨタ自動車、トヨタ自動車と言えば名古屋グランパス、名古屋グランパスと言えばこの歌。
その時の状況にピッタリだし、相手にショックを与えるのにピッタリかもと思い歌いました。
原曲の参考アドレスは無節操アワーさん名古屋グランパスエイトを応援しようの下の方にある「俺たちの名古屋」をクリック。後は名古屋を東京に変えるだけ。


・GoWest
ゴー ウェースト オー トーキョ×4

PETSHOPBOYSの名曲。あまりに有名で説明不要かも
一部のチームは皆西側。自分達も西を目指そうと言う意味を込めて。
例Yahoo!音声検索でgowestを検索。gowestwav 658k Pet shop boys を探してgowest.wav を選択してください。

・リブルラブル
ラララーララララー ラララララララー ララーラ ラーラーラーラーラー ラララララーラララー

歌で説明がしにくいぞ(笑)昔ナムコであった有名ゲームのテーマで、今ではロッテのパスクチの応援テーマで有名。
とにかく明るく歌おう。
例はMusic in the Ballparkさんマリーンズを選択し43 ヴァル パスクチ を選択。
または、ゲームミュージックPATIOさんMIDIデータライブラリ Page1でリブルラブル「メインテーマ」を選択。



他にはその場にあわせて、新曲がでるかも知れません。
posted by mctia at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | HC東京応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HC東京応援コール

とりあえず、今年叫んできた、応援コールを紹介します。
基本的に他にあるスポーツを流用しています。(始めたばっかだし。)
歌もあるのですが、競技の性質上入れにくいのもありまして、あと例が聴けるサイトも探しますので少々お待ちを。

*は手拍子です。


・選手紹介
(選手名の後)オイ!

 全員終わったら。
ティー・オー・ケーワイオー ×3 (ティオーケーワイオーでTOKYOになります。)



・基本コール(攻め)

オイ* * * オイ* * *

* ** ** * *オイ* ** ** * *オイ(テンポが説明しづらいです。会場                           で。すぐ覚えられるテンポです。)


レッツゴートーキョー* * ***  (レッツゴーヤンキースみたいな感じで。)

レッツゴー トーキョー レッツゴー* * (アメリカのスポーツで使われているアレで                       す。表現しにくいので会場で。)

レッツ ゴー レッツゴー** (重めに言うのがポイント・これも会場説明で。)

レッツゴー レッツゴレッツゴー*** (半角なのはテンポはかなり早めです、速攻で使用多し)

オーフェンス** オーフェンス**(オフェンスの基本応援・テンポは場面によります。)

ゴールゴールトーキョ ゴールゴールトーキョ(点が取れない時間が長い時に・これも会場説明で)

オーーーーーオイ!(完全にカウンターでGKと一対一になった時に使用。最後のオイ!はシュートを放った瞬間で。)


・ゴールを決めた時
選手名をコールします。×3回です。

ティーオーケイワイオ オーー 東京(反対側などで、決めた選手を確認できなかった場合はこれで)


・ディフェンス時

ディフェンスの時は、なるべく選手達の声を通したいと言う考えでコールは無しですが(カウンターでオフェンスコールに備える意味も込めて)、退場や試合の流れが相手に行ってしまった場合にコールをします。

ディーフェンス** ディフェンス**  (基本ディフェンスコール)

おさえろ(させるな)トーキョー* * *** (完全に流れが相手に行ってしまった。ま                        たはHC東京選手が退場者を出し数的不利になった時に使用)

ゴールを決められた時
トーキョウ トーキョウ トーキョウ (このコールはゴールを決められた時以外でも、結構                   使ったりします)

GKがシュートを止めた時
選手名をコール×3


・選手名のコールする機会。
点を取った時、GKがシュートを止めた時、反則をしてしまった時(場合によってはそこから速攻もあるので、やらない事もあります。)
posted by mctia at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | HC東京応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

とりあえず、応援スタイルみたいなものを。

応援スタイルと言っても、勝手に応援してるだけでアレなのですが・・・。
応援団みたいに肩苦しい物みないな物ではなく(しきたりとか、何々をやらなければ行けないとかそう言うのはなしで)、サッカーのサポーターみたいな感じで気楽な感じで応援できる空間にしたいと思います。(アレはアレでいろいろあるのですが。)
HC東京を応援する人なら、誰でも参加OKです。恥ずかしくて声が出せたくても大丈夫です。フォローしますので、(あまり声出しを強制するような場所にしたくないので。)その場にいるだけでもOKです。
これから下のリンクは全部PCでご覧ください。

VfL Gummersbach(ドイツのハンドボールのチーム)みたいなスタジアムの空気を作り出せたらいいなと思います。参考写真1、老若男女とわずみんなで応援、日本には絶対ないです。参考写真2敵チームのサポーターも写ってます
他の参考写真はこちらにFotosを選択してみたい写真を探す感じです。
なんか自由な空気があっていいじゃないですか。HC東京や日本のハンドボールも、こんな感じになればいいなぁと思います。(上記のリンクはすべてドイツ語です。)

dracs91(スペインFCバルセロナのハンドとバスケのサポーター)の熱狂的なサポーターが一角で集まって応援している姿もすてがたい。トップページでfotosを選択、見たい年代を選択して見たい写真をみます。参考1
参考2
(すべてスペイン語のサイトです。)
ちなみにトップページでしばらく待っていると、MP3が自動的に流れ駒沢で試合前で歌った歌が流れます。
う〜ん、なんかいいなぁ。
posted by mctia at 06:08| Comment(4) | TrackBack(0) | HC東京応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

HC東京を応援すると決意したきっかけ(その2) )

今年のハンドボール1部リーグ開幕の横浜文体で、日本ハンドボールリーグのオフシャルブックを読んだ事でした。
1部のチームの動向も気になったのですが、まず最初に読んだのがHC東京のページでした。
その中でチームプロフィールの「練習時間と見学方法」の覧があるのですが、毎週土曜日としか書いてありませんでした。
対する北陸電力は月曜〜金曜の19:00。
企業チームとクラブチームの差とは言え、毎日練習しているチームと週に一回しか練習していないチームでは差が付くのも当然と思いました。これでは、1部昇格なんてとても難しいどころか差がつくばかりだ思ったのが本音です。


しかし、東京唯一のハンドボールクラブなのだからと、その後HC東京の開幕戦を観に行きました。その時HC東京通信と言うパンフレットを頂いたのですが、その中で自分では信じられない事が載ってました。
HC東京の決算報告が書いてあるのですが、その決算の中で収入の部にスタッフ・選手会費の覧が。その時はじめてスタッフや選手が、お金を払ってこのチームが成り立っている事を知りました。その決算報告では、いろいろな今のHC東京の現実を知ることが出来ました。
練習をするのも会場を借りるのもタダではない、練習をしない訳ではなく、したくても出来ない環境にあるんだと言う事が解かりました。(もしかしたら自主練習と言う形で、集まってしているかもしれませんし。)



野球やサッカーなどの全国リーグのチームが潰れていく(お金を出してまで、スポーツをやってられないと思う人が多い)なかで、逆にお金を払ってでもハンドボールをしたい・このチームを運営して行きたいと言う、そして全国リーグで活動をしたいと言うチームの情熱を感じました。
そして私は社会人なので解かるのですが、普通の人ならば仕事が終わったならば、あとの時間は自由にしたいと思うのが普通だと思うのですが、彼らはそれをハンドボールに打ち込んでいる。そして、それを4年も続けているのは考えられない事でした。
なぜこのチームは、ハンドボールにそれだけ駆り立てる物があるのかを、知りたくなりました。
そして、その答えを知りたく行ったアウエーの北陸電力戦、白熱した展開ですがなかなか追いつけない展開、ここまで来てここまでやってまで、負けたく無いと言う気持ちが高ぶり、それを声に出して応援してみたのが切っ掛けです。


実質、真剣な目でHC東京を見たのはまだ3試合です。(去年の2試合は何となく遊びに来たと言う感じでした。)しかし、その中で選手達は本当に真剣にハンドボールをやっているんだと言う、意気込みがとても伝わった試合でした。

チームの予算事情や選手の個人の事情(仕事等の私生活)を考えると、全日本総合ハンドボール選手権や全日本実業団ハンドボール選手権には出られない。出れる公式戦が日本ハンドボールリーグ大会だけとなります。
他のチームからしてみたらリーグの一試合はただの一戦と言う感がありますが、HC東京の公式戦は一年活動できる唯一の大会です。一試合の重みが違います。
それを感じてくれる選手達がいると思ったので、そんな選手達を応援したい、そして彼らがハンドボールに駆り立てる物を知りたくこれからも観ようと思います。


これからの試合も熱意の伝わる試合を期待します。勝って本当に喜べる、負けても本気で悔しがれる内容を観たく応援しようと思います。(前回のホームの駒沢での、失格でのベンチから離れるくやしそうな木村選手の後ろ姿が忘れられません、その時自分もくやしいと思った。そしてこのチームに特別な感情を持つようになりました。)
1部昇格の可能性はかなり薄くなってしまいましたが、がんばってください。
気合と気迫そして情熱を持ったハンドボールを、そして今シーズン見ていてよかったと思える事を期待します。


上手く言えてない文章でしたが、これが私がHC東京を応援しだしたきっかけです。
posted by mctia at 03:07| Comment(3) | TrackBack(0) | HC東京応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

HC東京を応援すると決意したきっかけ(その1)

気付いたら、12.10のトヨタ自動車戦まで、あと一週間ですね。
時間は立つのは、早いものですね。

前に書いた私がHC東京を観だした理由をちょっと書いてみたいと思います。

まず、自分は昔、体育館関係のイベントのバイトをしていました。
このバイトで、いろいろなスポーツの運営の仕事を経験しました。
(バスケットやバレー・テニスや時にはプロレスなど数知れず。)
その中で、なぜかそのイベント会社に仕事がなかったのが、ハンドボールなのでした。
そして、気になりながらもあまり試合の情報が入ってこずにいて、なんとなく気になりながらもそのままにしていた時間がありました。
ぴあに載る、プレーオフを観に行くぐらいの感じでしか見てなかったです。
(そのとき基本的にスポーツの情報は、大抵ぴあとかローソンなので調べるタイプだったので、ハンドボールの情報をインターネットで調べると言う考えがなかったのでした。)

そしてハンドボールの認識を変えるきっかけになったのが、偶然テレビで観た2004年12月18日にあった全日本総合ハンドボール選手権の湧永VS大崎でした。
お互いペースを奪いながらも、大崎が有利な展開。そして、終盤ファウルトラブルもあり、点差は大崎が4点リード、人数も大崎7人湧永4人、残り時間は4分と絶対的な状況でした。
しかし、その後僕にはとても信じられない事が起こりました。
湧永の気迫と粘りで、同点まで追いつき、延長で逆転勝ちをしてしまったのでした。
まさか、NHK教育でこんな熱い試合が観れるのかと、その時の衝撃は言葉にできないぐらい
でした。ハンドボールに絶対って言葉はないと思い、とても魅力的なスポーツに見えた瞬間でした。
その試合を見た後、もっとハンドボールを観たいと思い、積極的に情報をさがし、見つけたのが2月12日にあった駒沢体育館、大崎電気VSホンダそしてHC東京VSトヨタ自動車でした。
その時HC東京は、ただ普通に観にきただけなので、退場者もだしながらも力押しでHC東京が勝ったのを覚えています。
大崎がプレーオフ以外で東京で試合をする機会がなく、その後駒沢で試合があった大阪ガス戦も観に行ったのですが失格をだしながらの奪い合いの中からなんとなくHC東京が勝ったと言う印象を持ちました。
その後HC東京のホームページで最後の北陸電力戦で負け、北陸電力に三連敗を喫したのを知りました。


そして、今年の開幕の横浜文体でみたオフシャルブックでHC東京を失望する事があったのですが、開幕の駒沢で頂いたHC東京通信で自分の中では驚愕の事実を知り、HC東京を応援したいと思うきっかけになりました。

ちょっと、長くなりますので続きはまた後で書きます。
posted by mctia at 05:13| Comment(2) | TrackBack(0) | HC東京応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。