2006年08月04日

やってくれたぜ!。

箱根ヶ崎。
箱根って書いてあるけど、東京都内。
温泉は無いと思う。(旅館はあったけど。)
拝島のちょっと奥という所。

場所は東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎。
瑞穂ビューパークにて、東京23SC VS 青梅FC.DIEGOを観に行った。

東京23SCは開幕から見続けている。成績はこんな感じ。
第1試合目 日立ビルケアサッカー部(去年2位・現在2位) 0−2 負
第2試合目 九曜FC(去年関東・現在4位) 3−4 負
第3試合目 むさしのFC(去年都2部・現在9位) 2−5 負
第4試合目 FC青山(去年11位・現在11位) 4−1 勝
第5試合目 プログレッソ東京(去年9位・現在3位) 2−4 負
第6試合目 東京電力(去年8位・現在14位) 1−1 引
第7試合目 警視庁(去年6位・現在1位) 1−3 負
第8試合目 FC新宿(去年5位・現在7位) 3−4 負

青梅FC.DIEGOが始まる前までの東京23SC
1勝6敗1引 勝ち点4 13位(リーグ終了時で12以下は2部へ降格) 残り試合5試合

非常にまずい状況である。
しかし、毎試合点は取れている、技術力は大変優れている、トップクラスのチームにも互角の試合展開。観ていて楽しいサッカーをしている。
しかし、これが1部の厳しさか、最後の最後でなにかが切れてしまうのだ。
かなり後で知ったのですが、偶然taki0404さんのブログ「マイナーサッカー選手の生活」にて、東京23で練習している事の話を読んで肯いた。


残り5試合しかない、勝たなければ後がかなり苦しくなる。


青梅FC.DIEGOは青梅FCのサテライトチームで6位。
むさしのFCを7−1・FC青山を9−3とギッタにした、どう考えても強豪である。しかし、今の状況相手を気にしていられない。勝つのみだ。


瑞穂ビューパークは土というか、学校の校庭に近い砂みたいな環境だった。
ダイビックヘッドなんかしたら、全身擦り傷だらけになりそうな感がある。(それでも、平気でお互い空中戦で攻めるからすごい物だ。)
行った事の無い会場でもあり、試合開始に遅れてしまったが、状況は1−0で東京23SCのリードとの事。
東京23SCは細かいパス回しで相手を翻弄し、突如みせるサイドチェンジで攻撃。
青梅FC.DIEGOはロングパスで縦につなぎ、一気に攻め立てる。
前半の終了間際から後半の開始にかけて、手数は青梅FC.DIEGOの方が多かったが、シュートがポストに当たったり枠に当たったりと、何か乗り切れない。
そうなったら展開が変わると一気に有利になれるのがサッカー。
細かいパス回しが効きだし、ドリブルでの突破などで、だんだんフリーに近い体勢でシュートを撃てるようになっていく。
しかし、油断したら逆にやられてしまう可能性もあった。
最後はワンツーリターンであいてDFを崩してからのシュートで、東京23SCが追加点を決める。
最後までお互いが攻めある展開だったが、青梅FC.DIEGOに点を与えず試合終了。


久々の勝ち点3だ。この日一番嬉しい瞬間だった。
そして、青梅FC.DIEGOの攻撃を0点で守りきった。初の無失点試合!。
これから4試合勝ち抜いて行くには、とても大きな一勝だ。
この力を発揮できれば、1部残留も可能、そして来期に向けてもっと上を狙えるはずだと思った。


東京23SC 2勝6敗1引 10位


そういえば、東京23SCの選手でグルージャ盛岡に移籍した事をインターネットでの調べで知った。
小野寺淳平選手で背番号6をつけての移籍です。若い数字での移籍は期待度の表れか。
都リーグから地域リーグへとランクアップの移籍。認められた証拠です。
是非ともがんばってください。
posted by mctia at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

チャリンコフットボール

ハンドボールを観に佐賀まで行けない私は、例の如くサッカーを観てまして。

7月30日・日曜
まず、荒川河川敷グランドに行き、東京ベイFC VS 西池袋FCを観に行く。
まずは、場所探し。ネットで「荒川河川敷グランド サッカー」と検索。
出てきた所はこんな感じ
・・・、候補ありすぎ!。ヘタに当日探している場合ではないし。しかも戸田にもある事が解った。
らちがあかない。


と言う予想外の展開な訳で、チームのブログに場所を尋ねてみたが、なにせブログも万能なメディアでもな訳でもなく、金曜深夜(土曜早朝)で対応できるかと言われれば疑問。(自分のブログですら、返答が遅れたりだからね。)
思い立ったら即行動。
土曜の夕方に、チームのブログにメンバー募集の横断幕があり、直接電話をしてみた。
やっぱり、「どんなにメディアが発達したって人対人とだね」と思う。
丁寧な対応で、最寄駅と住所を教えていただいた。
場所は北千住。これによると3にあたる場所。
これなら、家から自転車でも行ける場所だ。自分にとってはホームゲームである。


そして12:30、当日会場へ。
荒川河川敷グランドは、金八先生のオープニングを思い出させる、あの土手。(というか、その場所その物)
グランドは土。
懐かしい思い出を感じさせながら、試合開始。

試合は東京ベイFCペースで展開する。
特に、東京ベイの守りチェックはとても速い。
たとえば、攻撃で相手のゴール前でFWとDFが競り合って、DFが競り勝ちクリアーしてもセカンドボールに向かう体制が整っており、楽にカウンターさせない。相手にボールを取られても、DFラインの高さとバイタルエリアの狭さで相手の攻撃を追い詰める、まるで敵にボールを持たしているような攻撃的な守備。西池袋FCがフリーでシュートを撃てる場面は、ほとんど無かった。
去年の4部からの、リーグ戦無失点記録が継続しているのも頷ける、形がしっかりしたチームとなっているサッカーだった。
結果は、リーグ初のイエローカードを受けながらも1−0で勝利。

試合が終わった後、挨拶し電話を受けた選手と話をする。
この日は、参加できない選手が多くいた模様。
そう言えば、ブログでみたイゴール選手や矢野マイケル選手がいない。
しかし、チーム力でほぼ圧倒していた感があった。
やっぱり、末恐ろしいチームである。東京のサッカー界に頭角を表すチームになりそうだ。そのまま関東リーグに行っても通用するかもしれない。


帰りは北千住でゆっくりしていこうかと感じたが、そうは言ってられない。この日は2試合観戦する予定なのだ。
その後、昼食を食し、箱根ヶ崎に向かう。
posted by mctia at 05:36| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

先週末の私

7月22日
友人の引越しの準備と言う事で、東京の千葉に近い某所でなぜか19時集合w。(夜逃げじゃありません)
まずは腹ごしらえとその町の商店街を徘徊し、回転寿司を食す事を決める。回転寿司談義に店員と盛り上がる僕ら。(かんぱちとはまちを食べただけで見分けられるか?等)
食べ終わってさらに街を徘徊し気付けば22時(なんども言いますが、決して夜逃げじゃありません。w)
あとで、別の友人と合流し、やっと引越し作業に取り掛かる。
とりあえず物の整理をしだしてから30分後、PS2を発見。これがいけなかったw。ちょっと休憩と称してPS2をやりはじめたら、例の如く止まらなくなってしまい(って言うか30分で休憩なんかするなw!)、その後も色々していたら翌朝5時。
次の日、10時試合開始の東京23(駒沢)、または11時試合開始の東京ベイ(流山)、もしくは13時試合開始の城北ランシールスを控えていた僕にとっては、寝ないと体力的にまずかった。
とりあえず、その場で爆睡する。


7月23日
8時00分起床するも、駒沢行くには早すぎると軽く睡眠。あの「あと30分だけ〜。」って奴だがこれがいけなかった!。
次目が覚めた時は9時45分だった。これは本当にまずい。
東京ベイや城北ランシールスなら、余裕で間に合うのだが、東京23は前回は警視庁のグランドで結局行ってない。
と言うわけで、東京23VSFC新宿を観に行った。
せめて、30分遅れでと思って駒沢に行ったが、到着した頃には前半が終わっていた。
掲示板がないので、観ている人に声をかけ聞いた所1−3でFC新宿のリードとの事。
後半、東京23の攻勢の展開となり3−3と追いつくも、ロスタイム気持ちが切れてしまったかFC新宿に追加点を取られ3−4で終了。
東京23は技術力が高くおもしろいサッカーをやるのだけれど、どこかで何かが切れてしまう。これが1部の厳しさなのか、東京23の甘さなのか。
とはいえ、とても厳しくなってきた。
おなじ下位の、CERVEZA MAS O MENOS FOOTBALL CLUBとボーノFCに勝つのは勿論の事。
FCコリア・青梅F.C.DIEGO・東京海上日動火災保険サッカー部にも勝って、残留圏内に残らなければ。


その後、関東リーグの青梅VSエリースを観る。
エリースと青梅とも、今シーズンは調子は良くないと聞いていたが、それを吹きとばすぐらいの好ゲームだった。
両チームとも「自分が点を決めてやる。」と言う意気込みのある積極性。地区は違うがお互い東京に在籍するチームのためか、このチームだけには負けたくないと言う意志が伝わる白熱した試合だった。
結果的には4−1(前半0−0)で青梅が勝ったのだが、観て本当によかったと思った。


その後、会場で合流したサッカー仲間と遅い朝ごはん(16:00)。
そして、なぜか友人と秋葉原で合流しPSPを購入する。
引越し作業は全然進まなかったが、良い一日だった。
しかし、4時間半の睡眠だけで帰る時、あんなに眠くなるなんて。
僕も体力が落ちたものだ。


ちなみに来週は、FC東京を観に行きます。
何日ぶりかな?サッカーで入場料を払う試合を観るの。そして、それだけの対価のある試合がみれるのかな?。
posted by mctia at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

週末の都リーグ

7月16日
東京23VS警視庁サッカー部
今1部で首位を走っている警死庁。(それは、大和田秀樹先生の漫画だろ!)
会場は警視庁東大和グランド!。10:00キックオフ
早いね。つらいね。久々だね。
ちなみに警視庁東大和グランドでこんな報告が(第13節注目)。
・・・・、無理かなやっぱ。朝早いし、関係者以外は入れそうもないし。東大和で遠いし。
いやいや、この悪状況だからこそ、色んな手段や裏技を使ったり、110番に電話したり・・・・、この年で怒られるのもどうだかなぁ・・・。
せっかくの首位相手なのになあ。


7月17日
東京ベイVSSUT.FC
秋ヶ瀬公園第2G 9:20試合開始
いやー、また来ました都リーグの特徴、「朝が無茶苦茶早い」
自分が会場に行く体力があるか?


そういえば、他にもなにか重要なイベントがあった記憶があるのだけれど・・・。なんだったけかなぁ?
posted by mctia at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

さて、明日は西が丘ですよ。

Wカップ開催中ですが、J2JFLは関係なく開催している訳でありまして。
もちろん、地域リーグ・そして都リーグも開催している訳であります。

都リーグ1部の東京23は、西が丘補助球技場でプログレッソ東京と12:00キックオフ。
プログレッソ東京は「棚田」。レイソルファンやコンサドーレファンには、一言で全てが通じてしまう。
順位も6試合で4勝2敗の5位と、なかなかの強豪。

東京23、4試合で1勝3敗、今まであたった相手が、去年関東リーグの九曜・都リーグ2位の日立ビルと強豪続きだったから仕方が無いが、むさしのFCに2−5で負けてしまったのはとても痛かった。これが都リーグ1部の厳しさか?。
試合中止もあり、上手く調整ができFC青山に勝てたのは好材料。
都リーグ2部への脱落条件が、14チーム中下位3チーム。しかも、13試合の短期戦なので、ここはどうしても勝ち点を得たいところ。


西が丘補助球技場(西が丘サブグラウンド)は平成18年7月1日をもって利用廃止となるようです。となりの西が丘サッカー場での歓声が聞こえる中、西が丘サブグラウンドでサッカー場を目指しながら試合をしている。しかも、サッカー場は芝でサブは土と、環境面では天と地の差。小学生から大人まで、となりのサッカー場を目指して戦い続けたと言う、東京マイナーサッカーファンにも想入れがあるグランド。
関心のあるサッカーファンは是非。


東京ベイは西池袋FC所沢航空公園で15:10キックオフ。
西池袋FCは4試合3勝1引と首位
東京ベイは3試合3勝勝ち点9の3位
天王山です。




ちなみに、どちらも土のグランドなので中止の可能性もありです。
14:00西が丘から、15:10所沢航空公園って間に合うかな?。
う〜む。
posted by mctia at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

チャンピオーネは無いだろう!

サッカー日本代表のメンバーが発表されましたね。
メンバーのメンツを見たら、気分的に・・・・な気持ちもありますが、
まっ、こう言う物は選考結果に不満はある物なのですよ、普通。
でも、監督はジーコなのだし、ジーコがこのメンバーで行くと言うのでしたら、そうするしかないんじゃないですか。
下手にチームに合わない選手を呼んで混乱するより、監督が信念持ってこのメンバーを選んだのならば。
逆にチームや監督にあわなくて、その選手自身の個性が壊れちゃう事もあるし。
と、このブログでは言っておきましょう。
(知り合い関係で、サッカーの話になったら、かなり毒の入った会話になりますが。)



さてさて、NHKのドイツワールドカップのテーマ曲がきまりましたね。
ORANGE RANGEの「チャンピオーネ」
さてさて、どんな曲が聴いた感想。


・・・・・、僕は別にORANGE RANGEが嫌いでは無いのですがね(逆に取り立てて好きでもないですが。)
僕にとって、NHKワールドカップのオープニングやテーマ曲って、結構想いや重みがあるのですよ。

94年アメリカワールドカップのバブルガムブラザーズのGET GOOD GET GOOD
曲は元より、歌詞にも重みや希望がある、最終予選で日本があの形で逃した大会、マラドーナのゴール後のあの形相、バッジオのPK等一番印象に残るテーマに

98年フランスワールドカップのオープニング
BGMにのせてのナレーション「98年フランス、世界中から夢を諦めなかった子供達が集まって来た。」
このセリフを聞いただけで、ここまで来たんだと感動。

02年日韓ワールドカップのポルノグラフティーのMugen
サビの部分がよかった


90年のイタリアワールドカップは覚えが無い、子供だったしね。すいません。

これらの歌を聴くだけで、あの時の状況とかを思い出せる、大切な存在なんですよね。

そして今回のORANGE RANGEのチャンピオーネ
・・・曲を聴いたのですが、無駄に明るく重みが無い、歌詞は前回の応援と称した街頭バカ騒ぎを助長するような感じ。



NHKで放送エンディングで負たり失敗して、うなだれている選手の映像にあわせて、「ド派手にいこう!サビだけに盛り上がろう」
この様子が想像できて、・・・・・ねぇ。
本当に、なに考えてるんだよNHK!。
テレ朝だったら、まぁそんなもんかと思っちゃうのですがねw。


今気が付いたのですが、NHKのワールドカップのテーマって全部ソニーミュージックがやっているんだ。ふーん、なるほど。
posted by mctia at 03:13| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

いやー、行かなくて本当によかった。

東京23は雨で順延。
東京ベイFCは更新されず、状況が解からない状態。


本当に行かなくて良かったです。
写真で見る限り土のグランドだし、ありえるなと思ったのですが。
ビューパーク
航空公園


結局、家で本棚の整理と、新ブログへの引越し準備、そして笑点を見てました。やっぱ日本の正しい休日は「ヒマな時は笑点を見る。」これに限りますね。
たい平さん、座布団10枚おめでとう。賞品はいままでの中で一番アレでしたが(笑)。
・・・圓楽師匠、本当に引退しゃうのだなぁ・・・。
はじまりのあいさつの時は、だんだん活舌がよくなるのを感じて、大喜利復帰も近いかと思ったのだけれど・・・。
posted by mctia at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

明日は雨?。

そういえば、5月5日に駒沢公園でハンドボールの都民大会があったみたいで。一日ずれてたら観れたのに。

ちなみに、5月6日は完全休養。コミティアで購入した本を読みながら、TVでサッカーや野球観戦をしていました。
いやーコミティアは行って本当によかった。・・・本棚整理しなっきゃ。


さて、明日は雨ですよ。
東京都社会人サッカーリーグは、雨の場合、グランドコンディションと選手の体調面を考え、普通に順延する可能性もあるリーグですよ。
基本的にサッカーをやる人のためのリーグなので、しょうがないのですが、どちらの会場もかなり遠い所なので、賭けで行くのも危険な可能性もある場所ですよ。
う〜ん、どうしましょ。(笑)
posted by mctia at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

細かい努力をしてこそ、はじめて結果が返ってくる。

サッカー北信越リーグで
ツエーゲン金沢VSFC.上田ジェンシャンで1047人の観衆を集めたみたいだ。
そして、フェルヴォローザ石川VSテイヘンズでも1000人近くの観客が集まったらしい。

サッカーの地域リーグと言えば、あまり人が来ない(平均観客200から300人ぐらい入れば良い方?)感じがあった。
今まで、チームが出来る限りの事をして、少しずつ頑張った成果だと思う。


そして、もっと凄い話が、
4月16日九州リーグ(kyuリーグ)で
V・ファーレン長崎VS大隅ニフスユナイテッドで入場者数が7164人だった模様。これは、凄い。凄すぎるよ。


去年の九州リーグは、本格的にJリーグを目指す事を完全目標にしたチーム(ロッソ熊本・FC琉球)が出てきて、それで盛り上がった感があったが、そのチームが昇格した後もここまで集まるなんて。
しかも、とりだてて大きな演出もなく、小さなイベントを黙々とおこなってきたチームだ


これらのチームは特に大きな後ろ盾はない。
選手やスタッフの多くは、他の仕事と兼任している。
まさに小さな努力が実を結んだ結果だろう。



ほんの数年前には考えられなかった事が起こるなんて。
凄ぇ・・・、凄すぎるよ。
posted by mctia at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

生活に余裕なし。週末楽しみ。

いや〜、この季節人事異動とかで大変ですね。
僕の勤めている会社は、引越しをするとかで・・・・。
年末進行より、いそがしいかも。


今日の会話。
僕「いやー、いきなり引越しって大変ですねー。」
偉い方(浦和好き)「この時期大変だねー。そういえば、今日ナビスコカップがあるんだよね駒場で。レッズ対東京楽しみだなー。」
僕「いやー、この仕事をしている限り平日観戦は無理ですからね。東京は僕の目の前で負けなければなんでもいいですよ。」
偉い方「じゃ、私はこの試合のために早退するから、後は宜しくね。」


・・・・、このやるせない気持ちを週末土曜(4月1日)のマリノスにぶつけてやる。
スカパー以外の放送無しだし。


そういえば、次の日の4月2日もサッカー東京カップがあるんだよね。
天皇杯の東京代表戦に繋がる、大事な一戦だし。
東京カップ→社会人代表決定戦(社会人VSJFL)→天皇杯東京代表決定戦(社会人代表・大学代表のトーナメント)

東京カップのトーナメントはこんな感じ

この形でいくと、東芝府中サッカーか町田セルビアが社会人代表決定戦に出れるのか。そして、エリース東京VS青梅FCの潰し合い。
なんか面白そう、やっぱ東京のサッカーファンなら、要チェックですね。
 町田小野路グラウンドでどこだろう?。
たぶん、町田セルビアのホームページ小野路公園グラウンドでいいと思うのだけど。
日程表も合っているし

いよいよ、楽しみになってきた。予定にいれておこう。
posted by mctia at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

充実した、三日間でした。

今日は、川崎フロンターレVSFC東京を観に行く。
川崎フロンターレといえば、バックスタンドにカフェテラス。
しかし、アウェーのチケットでは、相手サポーター間の揉め事を起こさないために、緩衝地帯用のバリケードがあって通行不可。
と言う訳で、Jリーグの中ではフロンターレの席割りは比較的自由なため、(東京マフラー等の)グッズは身に着けないで、ホーム側のチケットを購入。
まったり、コーヒーでも飲みながら観ようと思った。


とにかく、東京のゴールシーンを目の前でみたいと思い、前半はフロンターレのゴール裏2F、後半は東京よりのバックスタンド2Fで観戦。
結果は引き分け、いい試合だったけど最後のフロンターレの一点は余計かな?と思った。とりあえず、アウエーで勝ち点1を取れた所で一歩前進って事で。
後、ピーカブーのマスコットはやさしく可愛かった。出待ちでフロンターレのマスコットフロンタ君はFC東京の出待ちには何も反応しないのに(当たり前と言えば当たり前)、ピーカブーのマスコットは自らやってきてポーズを取る、握手する、撫でられる等サービス三昧。
回りのFC東京ファンも好印象で、心を掴むキャラクターになったと思います。


本当に充実した、三日間でした。
さて、次からはこの三日の事をつきつめて書いてみたいと思います。
ハンドボールの事、競艇、サッカーなど。
じっくり書いて行きますので、宜しければお付き合いください。
posted by mctia at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。