2007年01月07日

HC東京にて、考えた事

去年アウエーにて、一人で応援していた時によく言われた言葉があります。

「よくひとりで、応援できますね。」

ほとんどが、感心すると言う言葉でしたが違和感があったのも事実です。(もちろん嬉しかったですが。)

それは、自分が観てきたスポーツで一人で声出して応援している人をよく観た。その環境を知っていたからです。


プロ野球のオープン戦では、平日デイゲームでは会社や学校のためか一人で応援団が応援している所を観てきたし。
サッカーでは、いまではJリーグになっているチームでも一人だけで応援している姿をみている。


それは、今でも全国リーグでも遠距離アウエーとなれば1人で応援している人はいる。
地域リーグ以下になれば、そんなソロサポ(ひとりサポーターのこと)多く見かけたからだ。


例を出せば

町田セルビア  
新日鐵大分  
長野エルザ  サポーター団体el-voce初期

自分が観ている東京都リーグでは日立ビルシステムと、上げればきりがないし自分が知らないだけでまだ他にも沢山のソロサポがいるかも知れない。


自分は、多くの人数の中なら応援したりいろいろブーイングやヤジとばすけど、一人になると何もしない(できない)と言うのはとても嫌だ。
それなら、最初からやるなよと思う。



HC東京を声だしての応援する前、去年の開幕での駒沢球技場。人はそれなりにいるけど妙に静かな球技場内。
せっかくの、2部とは言え全国リーグ。個性が揃った目標も明確なチーム。
様々な状況が自分の好きな状況でもあったし、自分が動けば何かが変るのではと思った。
とりあえず、実行に移そうとしたのはその年を占う北陸電力戦だった。東京からも観に来ている人もいる事をアピールしたかった。
そして、HC東京を応援して協力してくれた方々がいてくれたのは嬉しかった。(あの後、あの脱退に直面してしまう訳だけど。)



本当に何かが欲しいと思ったら自分から動いてみるべきだし、それによって何かが変るかもしれない。その現実を目の前で見させられて来た。
勿論声を出すだけがサポートではない、じっくり観る事も応援の一つだし、ファンレターや掲示板やブログにコメントを載せるのも応援の一つだと思う。



よくOOOOはダメだとか、酷く言えばクズだとか否定的な言葉を聞くけど、その言葉には重みが感じられない。なぜなら、その言葉の後にどうしたらいいのかを言わないケースが多いからだ。(中には自分達で気付いてほしいケースもあるけど。)
では、それを良くするためにはどうするべきなのかを聞いてみたくなる。



閑話休題。
いろいろ考えた行き着く先は、やっぱりハンドボールでは「自分のチーム」と言える存在はHC東京しかないと感じました。
JHLの試合を観ても、どうしても第三者的な視点で観てしまう。レベルは高いのだけど、感情が入らないと思いました。
JHLから脱退したけど、JHLより面白い事があるといいなと感じます。
このチームが一歩一歩でいいから、前に進めますように。

さて、応援どうしよっかと、JHLの時と違った事をやろうかなと色々考えているしだいです。(しいていえば、サッカーの日立ビルシステムサポーターみたいなって、サッカー東京都リーグ1部を観ている人しか解らないよ!)



 
一つの山を乗り越えた人の言葉はやっぱ違うわ。
このサイト全てに賛同するわけではないけど。


上記のソロサポに比べると自分なんてと思うのが多々あったり。

でも、基本的に自分が楽しむスタンスは変えずです。
posted by mctia at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | HC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。