2006年08月01日

全日本実業団ハンドボール選手権

試合会場には行ってないのですが、毎日結果をチェックしてました。
特に、今までライバル北陸電力・豊田合成・そして入れ替え戦があったら勝負する可能性の高いホンダ熊本。
彼らがJHL中位組み以上と組み合ったら、どんな試合になるのか。
今年は結果を出せるか、または元2部チームと試合をしたら、どう言う結果がでるか。


7/26(水)
大同特殊鋼 46 (23- 8, 23- 7) 15 豊田合成
ホンダ 27 (17-11, 10-13) 24 北陸電力
トヨタ車体 36 (20-10, 16-10) 20 ホンダ熊本

7/27(木)
ホンダ熊本 28 (14-13, 14- 9) 22 豊田合成
北陸電力 31 (17-13, 14- 9) 22 八光自動車工業

7/28(金)
豊田合成 31 (13-16, 18-11) 27 八光自動車工業
北陸電力 35 (19-10, 16-10) 20 ホンダ熊本

豊田合成は、大同特殊鋼戦は去年優勝チームだからしょうがないとして、ホンダ熊本戦は前半の結果を見るとよく頑張ったと思う。

北陸電力は、ホンダ戦の結果を見るとJHLで戦う力が備わったと思いたい。後半リードで試合を終えたのだから期待しても大丈夫と。

ホンダ熊本は、トヨタ車体戦はともかく豊田合成に対して意地を見せる事ができた。

そして、北陸VS熊本
どんな勝負になるか判らない、一番気になったカードだったのだが、ここまで点差が開いてしまったのは予想外だった。
お互い真剣勝負を行なった結果だったのなら仕方がない。
JHL開幕まで約1ヶ月ある。どこまで調整してチームを作れるか、このコチーベーションを保てるかが懸かっている。



ってランニングスコアを見ないで、こんな事書いているのですけどね。
HC東京戦でみせた、豊田合成の粂田選手の切り込みはこの大会でも発揮したか、念願の1部チームとの対戦で神田選手は、会場の雰囲気は?ランニングスコアだけでなく会場に行かないと解らない事が沢山ある。
やっぱり、スポーツは生で観ないとね。
posted by mctia at 04:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ハンドボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。 

ホン熊ハンド部を応援しています、西原村と申します。

スポーツ情報満載でいつも楽しみにしています。

さて、先週佐賀で実業団選手権が開催されたわけですが、近県にいるにも関わらず観に行けなくて非常に残念でした。

一番気になったのは、北陸電力との実力の差。
昨シーズンまで、2部でしたが入れ替え戦でも苦しめられた相手だったのでお互いにどこまでレベルアップしてるのか。

ランニングスコアや試合を観た訳ではないので、詳細は分かりませんが、15点差開いて負けたのにはショックを受けました。

これからリーグが始まりますが、相手はまだまだ強豪ばかり。

どこまでやってくれるか期待しています。

これからも、ハンドボールを応援宜しくお願いします。
Posted by 西原村です。 at 2006年08月05日 07:49
西原村さん。はじめまして。
コメントありがとうございました。

今回の1部統合で、上位・中位・下位と、チームに置かれている立場がはっきりするリーグに成ったと思います。
しかし、これは僕はいい事だと思うのですよね。
下位クラブにとっては、チームとしての立場は苦しいかもしれません。
でも、スポーツで感動する瞬間は優勝争いするようなチームだけにある訳ではないはずです。


これによって大物喰いをする爽快感、同クラス相手の負けられない戦い、そして勝った時の喜び、なによりこれから一歩ずつ上を目指せる事。


物事が明日いきなり良くなるなんて事は絶対にない。しかし、一歩づつでもポジティブに前に進んでいけば何かが変わるはずと信じています。
良くなったというのは、今感じる物ではなく、ある程度立って、後ろを振り返った時に「ここまでやったんだ。」と感じる事だと思います。

僕は、ハンドボールは大きな可能性を持っていると思います。
Posted by fujihira at 2006年08月06日 04:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。