2006年03月26日

ハンドボールプレーオフでの感想

まず、特に感じたのは、JHL開幕戦と違い、本当にお客さんが沢山が来てくれた事です。老若男女、ハンドボール好きの方から始めて観に来たみたいな人まで。
そして、入場口ののぼりの数。
前でヴェルディ戦がやっていたのですが、それに対抗するような数ののぼりが多くあり、しかも入場口がわかり易い。これにはかなりの好感度を持てました。
この日に向けて、数々のスタッフの方々の努力が伝わる風景でもありました。


協会関係者席やVIP席をメインスタンドの真ん中にして、一般観戦者にスタンド・アリーナ共に自由な観戦席選びができた事も、僕にとっては好感触でした。一階アリーナ席に入る時、「どちらの応援団や関係者でもないのですが、アリーナ席での観戦はできるのでしょうか?。」と係員に聞いてみたのですが、「基本的にアリーナは応援席となってますが、一般の方でも入場は可能ですよ。」と答え、通してくれました。
一人でも多くの観客を、よい環境で観戦していただきたいと言う気持ちが伝わりました。


また、大崎VS湧永の試合をアリーナ席の真ん中付近で観たのですが、アリーナ席の通路が狭かったのですが、各ファン同士の応援席交換が、とてもスムーズに出来ていたのは、さすがに凄いと思いました。


そして、試合終了後の数多くのお客さんの満足な顔、そしてサイン会の風景を見れば、これからは何かが変わる、変わりたいと言う空気がしていた。
彼ら彼女らを、観戦常連者にするためには、より多くの努力が必要ですが、是非がんばってほしい。

とりあえず、第一回はこの辺で。



ここから、先は個人的な内容。
再入場が可能だったので、途中で抜け出しヴェルディ戦も観に行けると言う、僕にとって一粒で2度おいしい日になりました。
ハンドボールライターでヴェルディサッカー選手「広山望」のライターでもある田崎健太さんも、この日はおいしい一日だったのでは、むしろTOKIOの番組の「メントレG」のコーナー「メントレレストラン」みたいな心境だったりして。
そうそう、田崎健太さんが推している齋藤将基は、結構いいプレーしていましたよ
試合自体は愛媛FCが圧倒的ぐらい優勢な試合でしたが、結果は永井のヘッドでヴェルディの勝利
愛媛の方でも、ミスター愛媛の濱岡や、コアなサッカーファンなら楽しめるアビスパやパープルサンガに在籍していた石丸も、安定していて見ていて楽しかった。

ヴェルディのサポーターも、J1時代に比べて本当に一つに団結していて、駒沢公園で一番気合の入った応援ができてたと思う。
・・・・しかし、石丸が怪我しなかったら負けてたんじゃないの、この試合。
posted by mctia at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。