2006年03月20日

競艇SG第41回総理大臣杯19日目

本当に凄い日だった、あの風の強さで戦っていた選手達に拍手を送りたい。
まさに、相手だけでなく会場とも戦わなければならない凄い状況だった。
皆さん、本当におつかれさまです。
転覆してしまった選手はお体を大切に。
さあ、明日から準優!。本当の勝負はこれから!。


今日は最後に一つ、濱野谷憲吾は凄すぎる。
19日第12レースの差し。
あの非常に強い風の中での読み、勝負勘、ペラやモーターの調整。全てが完璧でないとできない。
まさに「本物」だった。
このレースを観たたけでも、彼の凄さが伝わってくる。(平和島競艇公式ホームページインターネット放送・競技情報内、実況リプレイSG第41回総理大臣杯03/19  12R 赤の3番に注目)
彼のレースを生で観れたたけでも、今日はこちらに行った甲斐があった。
くわしい事はまたいずれ。


WBCやハンドボールプレーオフも上手く行き、いい一日だったと思います。
posted by mctia at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。