2008年03月19日

東京23SCvs東京ベイFC

自分はスポーツの事では「こうなったらいいな」と思った事が叶わない人間だったりします。
叶わない中で、それでももしかしてと思っている自分がいたりして。


・疾風の如く勝ち上がり、強くなっていく相手の力を感じづつも自分達のサッカーを貫いた。

・決定的ピンチを向かえつつも、全力を振り絞り意地の力で残った。



・まさかの出来事で、ショックだった、駒沢陸上競技場や東京朝鮮高校。
雨中の中、必死に喰らい付き生き残り、最高のパフォーマンスを見せた瑞穂ビューパークや東京ヴェルディグランド。


・レベルアップのタイマーのなる音を感じた、大泉中央公園や東京電力千住。
強さと言う物のこう言う事だと示した、三共小平や代々木公園。


ここ、数年の試合が頭の中でよぎります。
結果論からいえば、いずれは戦う対戦だったかもしれない。
しかし、チームがスムーズに勝ちあがって行く事、そして意地で残っていく事はとてもエネルギーがいる。努力なしではありえない事です。


私にとってこのニチームは、特別なチームです。
その二チームが、こんなにも早く戦う日が来る事を嬉しく思い、ここまで努力してきた事を感謝いたします。


この日は、中立的な立場で観ようと思います。
東京のサッカーの一日では、普通の試合の一日かもしれない。
だけど、この試合に関わった人全てが、新たなる第一歩を歩む特別な一日となりますように・・・・。



平成20年度 東京都社会人サッカーチャンピオンシップ
Aブロック決勝

3月20日
東京23SCvs東京ベイFC
会場:駒沢第二
12:30試合開始
posted by mctia at 05:50| Comment(22) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。