2006年10月31日

切羽詰った11月

200.JPG


勝っちゃいましたね。FC新宿。関東社会人サッカー大会があるのだから無理しなくていいのに。
アストラ倶楽部がボーノFCに7−1で勝利!。
確かアストラ倶楽部って、昔の天皇杯のプログラムで読んだ事が。
大正時代に優勝してるよ。まさに古豪ですね。


ここで私信を。
11月12日にコミティアに行ってきます。
自主制作漫画誌展示即売会、いわゆるオリジナル同人誌即売会ですね。
プロからアマ、プロで自分が本当に描きたい作品を創作する人や、プロを目指す人・プロを目指すとか無しに自由に作品を創って発表する人など。様々な方々が参加するイベントです。
年に4回行われ、何があろうと参加しているイベントなので今回も行ってきます。開催時間は11:00から15:30。


と言う訳で、もし東京都1部カップが、この日と時間が被ってしまいましたら、観に行けないかもしれません。時間にズレがありましたら、うまく調整して競技場に直行したいと思います。本当に申し訳ないです。
15:30終わりと書いてますが、それより前に帰るとも思いますので、なんとか時間調整します。


・東京23SCvs青梅FCディエゴの感想はちょっと待ってください。

・あとコミティアについても、後でちょっと書きます。
posted by mctia at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ワタクシゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

サッカー東京都リーグ1部カップと第40回関東社会人サッカー大会

東京23SCが参加する、東京都リーグ1部カップのトーナメントはこんな感じです。

@05.JPG

やっぱり順調に考えたら、次はFC新宿(リーグ3位)があがると考えるのが順当か。個人的には東京電力株式会社(リーグ14位)に上がってもらいたい。東京電力のグランドが良いだけでなく、元FC東京の榎本がエースのチームなのだ。FC東京がJ1に昇格した当時のサポーターなら覚えているだろう。リーグ戦でも引き分けだったし(ちなみに榎本のシュートで同点に追いつかれました)、再会そして再戦したい。


ベスト4はプログレッソ東京(4位)か警視庁(5位)との対戦となるだろうか?。警視庁東大和になると入場できない可能性もあるので、プログレッソ東京を希望。元柏・コンサドーレの棚田もいるし、西が丘サブでの借りを返したい。



さて、第40回関東社会人サッカー大会が開催されます。
東京都代表は、リーグ優勝の日立ビルシステム・2位のFCコリア・3位のFC新宿です。
詳しいトーナメントは神奈川県サッカー協会で。

例年によると、決勝に残った2チームが関東リーグ入りします。
エリースの降格が決まったので、東京都サッカー協会の意向では都リーグ1部の残留チーム数にも影響が出そうです。
都の代表チームは、是非がんばってほしい。
posted by mctia at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

今週の出来事

今週の結果。
10月21日・YK型のインストアライブを観に行く。
その後パチスロ、感謝祭と言う事もあり回転数が多い、立ち回りで上手くいい台を見つけられ25Kの勝ち。

10日22日パチスロパチンコの展示イベントがあったので、試遊機で5号機を試し打ち(無料)。ゲームとしては面白いけど、これでお金を賭けろって言われたら遊ぶ気はしないなぁ。ハイリスクローリターンすぎる気が。

その後、瑞穂ビューパークで東京23SCVS青梅FCDIEGOを観に行く。
最初の5分で先制されるも、その後3点返して1−3で東京23SCの勝利。これでまた、瑞穂ビューパークでの連勝。豪雨の中、行ってよかったです。


くわしい感想は明日以降に。
posted by mctia at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ワタクシゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

東京ベイFCvsFCラクダ

10月8日。
東京都3部9ブロック。優勝そして2部昇格決定戦。
東京ベイFCvsFCラクダ。
三共・小平グランド。9:30キックオフ。

東京ベイFCは、言うまでも無く3部チームとは思えない強豪。
しかし、対戦相手のFCラクダも歴史のあるクラブで今季は負け無。
昇格の扉を開くのははたして・・・・。


この日、時間に警戒して。
8:00の電車に乗り、9:00会場最寄駅に到着予定。
予定通り、9:00に花小金井駅に到着。
後は、15分の道を歩いて試合会場に着くだけだった。
が、例の如くトラブル発生。
小学校らしき所の隣にきても、グランドらしき所が見つからなかったのである。
あせり、周りのゴルフ場等回ったりしてテンパッていた時、冷静になって地図通りの場所に戻ってみた。
住宅のような建物があり、入り口の看板には「三共小平寮」。
・・・・・、「関係者以外の対入りを禁じます」と言う看板があったが、とりあえず入ってみる。誰かに会ったら場所を聞くチャンスだ。
そして、住宅の吹き抜けのような所を越えたら、芝の生えている立派なグランドが目の前にあった。
キックオフとほぼ同時の時のことだった。



会場に入って思った事は、入り口がFCラクダよりだったためか、FCラクダの関係者やファンが多くいる感じがして、完全にアウエーな感があった。
ゴール裏では次の試合の関係者がアップをしており、バックスタンド側は観戦者が誰もいない。メインでの観戦のみの空気だった。

それとなく、FCラクダのベンチの後ろとオフィシャルの後ろを通り、東京ベイFCベンチに近づくと東京ベイFCのファンも多く駆けつけていた。


優勝・そして昇格の懸かった試合。緊張感が走る。
FCラクダは、今まで観てきた東京都3部チームの中でも一味違っていた。
しっかりパスで組み立ててから相手を崩そうとする攻撃、組織的ディフェンスで相手を自由に攻めさせない。
しかし、東京ベイFCも良い。相手の攻撃を冷静に受け止め、決定的な形でシュートを打たせない。無理をしないで、相手の隙をさがしサイドからの攻撃で崩していく。

前半はほぼ互角の展開。試合は後半に入っていく。
そして、後半開始5分ぐらいだろうか。FCラクダのペナルティエリア付近から出たスローイン。それを矢野マイケルのロングスロー。
それは、逆サイドまで届く凄いスローインだった。
それをヘディングで合わせたイゴール。相手ディフェンダーはマークに付いてたが追いつけない、ゴールキーパーは一歩も動けず。東京ベイFCのゴール。
「ここだ!」と言うポイントに合わせ、それを的確にヘディングをすると言う見事なゴールだった。


FCラクダが昇格するためには、勝利が必要。
逆転するためにパワープレーは必須になってきた。
攻めにかける人数を増やしたり、東京ベイFCの直接フリーキックをカウンターで合わせたりと本気の攻めを見せてきた。
だが、しかし相手が焦れば焦るほど、東京ベイFCの「グローバルスタンダードなサッカー」を展開できる。
相手の攻撃が厚みを増したとは言え、相手選手はゴールに近づく事はできるが東京ベイFCのディフェンス陣を崩してのシュートはみられない。マークを付かれながらもシュートを打っている感じだった。
それに対して完全にあいた右サイドに矢野マイケルがドリブルで切り込む。
ペナルティエリアの外で、FCラクダディフェンダーが近づいてきたら、マークをされる前にセンターリング。逆サイドに飛んだボールをイゴールがボレーシュート。それは、後ろから来るボールをボレーで合わせる、とても難しいプレーだった。
ボールはゴールを突き刺し、東京ベイFCが2点目を取った。


その後のFCラクダは必死に攻めるも、東京ベイFCの無茶はしない動きで確実に時間を消化し試合終了。
東京ベイFCの2部昇格を決定させた。


FCラクダも決して弱い相手ではなかった。相手をしっかり崩す動き、前半の落ち着いたプレーなどを観ていても2部に上がれるチームだと思った。
posted by mctia at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

仕事がきついや

どもども〜、fujihiraです。
3連休の反動か、仕事がいつもより厳しくなってます。
終電近くの電車に、急いで乗る駆引き。
たくさん出そうな残業代。


とりあえず、近くの週末予定を記入します。

10月14日 (土)Spunky Striderライブ
10月15日 (日)完全休養
10月21日 (土)完全休養
10月22日 (日)カップ戦 東京23SCvs青梅FCDIEGO

Spunky Striderのレコ発ライブの上、drunk girlsの箱ライブ。これは、行かないと。


東京23SCはカップ戦が開始。
東京ベイFCはフットサルリーグにも参加しているとの事。
この2チームが1部で交錯するのは2年後。本当に楽しみです。(案外、天皇杯東京都社会人予選であたったりして。)

posted by mctia at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ワタクシゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

中身の濃い、3連休でした。

今週は本当に、中身の濃い連休でした。
ストリートライブ。
東京ベイFCの優勝。
栃木SCがヴェルディ倒した。
横浜ベイスターズの最終戦。


本当にいろんな方々とふれあい、喜び感謝し・・・。
本当にいろいろありました。
今はちょっと疲れましたのでこの辺で。(ただ今東京ベイFCVSFCラクダの文章製作中です。)




posted by mctia at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ワタクシゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

他のトップリーグにはない暖かい事

相当、遅れてしまいましたが、大崎電気VSトヨタ紡織九州での事です。

試合終了後のサイン会での事、去年の横浜や名古屋等でみたときは入り口の所でサイン会のテーブルを用意してのサイン会でしたが、今回の八潮で行われたサイン会では、関係者エリア以外ではコートを開放し、審判ブース席では人気選手の宮崎選手サイン会が行われていました。


そして、コート内では他の選手とファンが談笑したり、サインを求められたり。コート上が自由だと言う事でゴールに向かってシュートを撃つマネをしたり(僕ですw)。
今まで選手達が戦っていたグランドで、各々が自由な時間を過ごせると言う体験ができました。

ヨーロッパのハンドボールのサイトを見た時に感じたのは、ハンドボールには他のスポーツには無い自由な空間がある事でした。
Hurra! Handball in EUROPA(オイローパさん)のブログを見たときも、VfL GummersbachグンマーズバッハのWebページを見たときもコート上が開放されてました。(コート場でのサイン会自由にすごすファン
それは、選手とファン、そしてチームが本当に近い関係にある事を感じました。

それを、この試合で実行した大崎には、他のスポーツには無い一体感を感じる事が出来ました。
これは、間違いなくハンドボールと言うスポーツにとって人気向上の手段になると思います。
確かに、野球やサッカーに比べて人気は無いスポーツかも知れません。
だけど、クラブと選手とファンが、どれぐらい近い関係にあるかで、そのスポーツに関わる人が幸せになれるかが変ってくると思います。
大崎VSトヨタ紡織の試合後に楽しそうな人々の顔を見て、再確認する事が出来ました。


追伸
posted by mctia at 07:32| Comment(3) | TrackBack(0) | ハンドボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

東京ベイFC最終戦

東京ベイFC最終戦。

東京ベイFCvsFCラクダ
会場は三共・小平グランド(花小金井から歩いて15分)
9:30キックオフ(早!)
芝なので雨天中止の可能性も低そう。

条件
東京ベイFCの勝ちまたは引き分け=東京ベイFC優勝
FCラクダの勝ち=FCラクダの優勝
解りやすい条件です。

ちなみにチーム成績は
お互い残り試合1
東京ベイFC9勝 得点39 失点0
FCラクダ 8勝 1分 得点20 失点1
なかなかの強豪です。油断ならない。


とは言え、記憶もかかってますし、この試合も勝ちにこだわりたいですね。
さあ、頼みます。


よく見たら、FCラクダさんは、都リーグ1部から3部まで、試合会場を探す時にお世話になっているWebページですね。
その節はありがとうございます。これからも、よろしくです。(自分のブログで言うな!)
posted by mctia at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

どういうつもりだ!東京都サッカー協会!

まず。東京23SCの1部残留が確定しました。
とりあえず順位表をご覧ください。
02.JPG


そして、他チーム状況がこれ。
01.JPG


エリースFC東京が降格しても、降格ラインの10位以上を確保できましたので、残留確定です。
(東京都サッカー協会さんは、公式のアナウンスを出してませんが何が起こるのか解らないので、僕は降格ラインを11位以下と見てました。ちなみに2部から3チームが自動昇格するので、12以下は降格です。)


それは、とても嬉しいです。
しかし、問題はここから!。


東京23SCにとって、最後に行われるCERVEZA MAS O MENOS FOOTBALL CLUB戦は残留に向けて、とても重要な試合だったのですよ。
瑞穂ビューパークは、箱根ヶ崎と結構遠い所にありますけど、青梅F.C.DIEGO戦やFCボーノ戦の時は、都リーグでもそれなりにサッカーファンの大人や子供が観戦にきてたのですよ。
そして僕自身、9月10日にあった東京海上日動火災保険戦は、東京海上日動多摩グランドが行くのにかなり厳しい所にあり、同じ日にあった優勝に対する重要な試合の東京ベイFCを観に行った訳ですが。
その前に行われた、9月3日の東京23vsFCコリアの時、東京23SCの選手や監督さんに場所が厳しくて行けない事を話し、「東京海上日動火災保険戦は良い結果を期待してます。そして最後の試合は絶対に駆けつけます。」と約束したわけですよ。選手や監督さんも、「絶対残留するので、期待してください。最終戦は是非お越しください。」と言われてたわけです。
その時は最後の日程が発表してなくて、情報発信元が協会ホームページしかなく、毎日東京23SCと東京ベイFCの日程が重ならないようにとチェックしていたわけですね。


東京都サッカー協会及び東京都社会人サッカー連盟、本当にとういうつもりですか?。
東京23SCの日程発表を行わず、当日後結果のみの発表だなんて!。

第3節、雨で順延のCERVEZA MAS O MENOS FOOTBALL CLUB戦
03.JPG
ずっと未定のままばっか(10月2日現在でも!)

そして、10月2日早朝でみた結果がいきなりコレ。
04.JPG


相当の死闘を演じたのが、確認できます。
プロリーグではないのでテレビでなんかでシーンの確認ができない。
何より個人的なことですが、これにより東京23SCの方々との約束を破る形になってしまった。
とても面目ない気持ちと、不快感で一杯です。


そういえば、城北ランシールズであった突然の日程変更。
やまねこさんによる、勝手に「ランシールズ戦記」より

一回北運動場で観たのでわかるのですが、大切な瞬間を見逃してしまう人も多かったはず。こんな事で本当にいいのですか協会・そして連盟さん。


もう憤りが止まらない。
抗議する手はないでしょうか。
連盟さんに電話しても、パートの女性の担当の方しかいないし、試合開催場所が解らない時によくお世話になった方なので、この方に文句はいいたくないです。
サッカーに関わる方やファンの方で、いい案がある人は是非コメントお願いいたします。


最後に、東京23サッカークラブの皆様。行けなくて本当に申し訳ありません。
残留おめでとうございます、そしてありがとうございました。
posted by mctia at 03:20| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

最近のfujihira

fujihiraです。
1週間更新がディフォルとになった今日この頃です。

今まで、何をやって来たのかこれからの予定はと言う、生存報告ですw。

先週の23日と24日は、昔の日本ハムファイターズのファン仲間と共に、千葉マリンスタジアムで日本ハムVSロッテマリーンズを観に行きました。
元々自分のスポーツ観戦のルーツは日本ハムにありまして、自転車に乗れば後楽園・東京ドームに行ける、ファンクラブに入ればタダで入場と自分にとても近い存在でした。
そして昔の対戦カードで好きだったのは、VSロッテというカードで、先発投手が西崎VS荘なら大満足って感じでした。

そして僕が日本ハムから離れてしまったのは、日ハムのフロント的な事に不満が重なりまして・・・・。そういえば、またやってしまいましたね日ハムフロント。金村に対する扱い。これでまた安くトレードに出して、ダイエーコーチになった田村コーチの様に逆襲されてしまったら(引退先のホークスでコーチとして城島を本物としての成長)、どう責任とるのでしょうね。そもそも日本ハムでいい形で引退試合を迎えられた選手っているのだろうか・・・(藤島の引退試合の話をスポーツニュースで見た時はは何か嬉しかった)。相手のロッテは西村・園川・そして目の前で観た諸積と・・・。
札幌移転自体はそこまで思ってなかったりして。札幌移転しか球団が生き残る手がないと言われてしまっては・・・。(もう、その地点で日ハムに感情が入ってなかったのか、でも東京ドームの最終戦は行ったなぁ。)

閑話休題。
日本ハムに対する夢はコレ。田中幸雄選手がいる内に優勝して欲しい。リーグ優勝でいいから、幸雄に優勝を味あわせて欲しい事ですね。本当に昔から頑張ってきた選手だし。

あとは、スポーツ観戦のルーツは、これまた自転車で行けた西が丘のサッカーです。
日ハム話もサッカー話もキリがなくなってしまうので、気が向いたらいずれ・・・。


その後の平日。
本格的に風邪を引く。会社休みました・・・。
って風邪引きかかっているのに、23日この時期に薄着でマリンスタジアムに行く事がどんなに愚かかを知る・・・。

今週の土日。
30日はdrunkgirlsの路上ライブに行って来ました。
今日は完全休養。

とりあえず、今はそんな所で。
大崎の試合後レポートも、もうちょっと待ってください。
posted by mctia at 07:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ワタクシゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。