2006年09月25日

大崎電気VSトヨタ紡織九州

かなり遅くなってしまいましたが、大崎電気VSトヨタ紡織九州です。
これは、本当にいい試合でした。

試合の主導権をトヨタ紡織が握るかと思えば大崎が追いつき、大崎が逆転して突き放しにかかるかと思いきやトヨタ紡織がなんとか喰らい付く。
お互いに、「突き放されたら、試合が決まってしまう」と言う緊張感が伝わりました。
相手に自由に打たせないシュートブロックやプロフェッショナルファールを取りながらも、すぐに試合が動き出し、観戦者に停滞感を感じさせない。
お互い優位な時間帯になったら上手く利用し連続得点を取るが、これ以上取られたら危険な展開になるターニングポイントでは、しっかりした守備でこれ以上追加点を与えない。
両方のチームにチャンスとピンチが時間毎におとずれ、それをどうやって打開していくか、出ている選手だけでなくベンチにまで求められる、ハンドボールの楽しさの真骨頂を表した試合でした。

試合を決めたのは、後半24分以降。
トヨタ紡織の3連続得点での21−24。トヨタ紡織のリードでの大崎のタイムアウト。
その地点では、大崎が盛り返す力もあったし、トヨタ紡織も安心できない危機感も感じられた。
その後、大崎が1点とって22−24とするも、大崎電気の7番永島選手のシュートブロックからのファールで、失格を受けて1人少なくなってしまった。トヨタ紡織のファールが重んでいる永島選手の所を攻めると言う作戦勝ちだった様に感じられた。
永島選手も、あの段階で点を離されるのは致命傷となると感じ、止めに行ったが失格と言う形でのファールが表れてしたったのでしょう。プロフェショナルファールだったので仕方がないです。
しかし、この状況を一人少なくなってしまった大崎には詰みの状態になってしまった。
大崎が1点返して23−24とするも、人数有利を上手く生かして3点取り23−27で試合終了。
トヨタ紡織の勝利でした。


この試合は様々な所で駆引きあり、本当に見ごたえのある試合でした。
ハンドボールは出ている選手だけでなく、ベンチからコーチ監督と全ての力が必要になる総合力を試されるスポーツだと、改めて感じさせる試合でした。



試合終了後の会場の雰囲気など、良いと感じた事がありましたが、また後日書きます。
posted by mctia at 03:35| Comment(3) | TrackBack(0) | ハンドボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京ベイフットボールクラブvsWOODS

超ハイキングコースを巡った後、自分の時計で確認したら後半10過ぎたあたり。
他のクランドは芝がしっかり生えていたのに、第2サッカー場は、東京ベイFCのゴールの前だけ芝が抜けていたのはなぜだろう。
東京都リーグは得点掲示板が無いため、遅刻したらゴールシーンのリプレイが観れないどころか試合の経過まで解らなくなってしまう。

普段なら、その場で観ている観客に一声掛けて経過を聞く所だが、今日は相手チームの関係者(家族?)らしき人がひとりいて、しきりにメンバーに対して激やツッコミや賞賛をしているので聞く空気ではない。
まいったと思いながらも、東京ベイFCのフリーキックになり、いつものようにボール拾いに走った所、ボールを受け取った選手が「あ、おはようございます。今1対0で勝ってます。また決めるので期待してください。」と答えてくれました。


WOODSの攻撃の時、東京ベイFCのゴール前の芝が抜けているだけでなく、砂埃がとても舞ってしまうので、ゴール前の乱戦が見えなくなってしまう事もありました。
基本的に相手の攻撃の時は、ボールを持っている選手にすばやく詰め、苦し紛れのパスを出したボールをカットする動きが決まり、自チームのゴール前のプレーはほとんどありませんでしたが。

WOODSは4−4−2の体勢、サイドからの上がりは特にみせず(むしろ守りに張り付いている、逆に言えば東京ベイFCのカウンター対策に上がれなかったと言う感じ)、縦のスルーパスで攻めるプレーが印象的でした。

それに対して東京ベイFCは、相手の様子を見ながらボールを奪った時、無理はしないで、攻めれそうなら攻める。相手が守備で張り付いているので、時にサイドが上がったりしてチャンスを作る(上がったサイドの選手にいた所は他の選手がフォローに走る)。と非常に落ち着いた展開でこなしていました。


その後、試合が拮抗している所、相手のDFラインを上手くかわし2点目。
そして相手の足が完全に止まった所をさらに突き、最終的には4−0での東京ベイFCの勝利でした。


試合終了後、チームのミーティングが終わった後、チームの方々に挨拶にいった時、前回の鐘ヶ淵であった3部カップ戦で試合終了後すぐに帰ってしまった事を聞かれる。
ちょっと焦りながらも、「あの日は次に十条で他の試合も連戦でみる予定でしたので、試合終了後すぐに帰らないと間に合わないのした。本当に申し訳ありません。」と答えました。
確かにいつも挨拶して帰るのに、その日は時間の関係もあって完全に焦ってたのもあって、試合終了と同時にすぐ帰ってしまったのは不自然な感じもあり、ちょっと反省です。

その後、今日の芝の事についてや(砂埃より芝がでこぼこしていて足をとられる方が厳しかった)、簡単なチームのこれから(これからの試合について等)を話ました。
そして最後に、「また次も観に来てください、勝って優勝します。」と答えてくれました。


そして家に帰り、もう一つの試合僕にとっては運命のカードのひとつ。
東京海上日動火災保険vs東京23サッカークラブの結果をネットで知る。
3−3の引き分け。
とりあえず、勝ち点が取れてよかったとPCの前で、勝った様に喜んだ。
その後、次の週9月23日にライバルと見られるボーノFCが青梅FCDIEGOに1−0で勝つ。
さらに、9月24日、CERVEZA MAS O MENOS FOOTBALL CLUBが東京海上日動火災保険に2−2で引き分ける。
それによって、東京23サッカークラブは10位だが、東京23サッカークラブの勝ち点11の後ろに、13位のむさしのFCの勝ち点9と予断ならない大混戦となってしまった。
(勝ち点は1勝で+3、引き分けで+1、むさしのFCのみ2試合残っている状況。23SCは順位的には優位な立場だが、他のチーム次第でなにが起こるか解らない。)


これからの条件については、後日勝ち点計算してまとめたいと思います。


東京ベイFCと東京23の最終試合は、まだ他のチーム終わってない試合も多く発表されてません。
優勝の喜びと残留の喜び、両方とも味わいたいので、ぼくの都合に合うようしっかり考えてほしい(笑)。
頼みますよ、東京都サッカー協会さん、東京都社会人連盟さん(笑)。
posted by mctia at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

風邪をひきました・・・。

寒くなったり、熱くなったりのこの日常。
皆さん、いかがおすごしでしょうか。

僕は、風邪を引きました。
っていっても、熱をだしたとか、めまい・吐き気などもなく、しゃべるとせきが出だすのと咽の痛みがあると言った程度の物なので、仕事にも出勤できるほどのたいした事ではないのですが、できる限り安静してました。

と、いうわけで、詳しい更新は金・土・日にかけてまとめてやろうかと。
東京ベイフットボールクラブvsWOODSの更新も後に回します。

ちなみに、先週は土曜は大崎電気VSトヨタ紡織九州に行ってきました。
とてもレベルの高く、たくさんの駆引きがあり、ハンドボールの醍醐味が沢山詰まった試合でした。こちらも詳しい事は後で。



そういえば、土深夜に友人とネット上で、おもしろ映像祭りをやってたのですが、僕提供はこれ
昔引っ越す前に、千葉テレビがみれるようになっていまして。昔のマリーンズ戦の中継の前にみた画像。
確か、2000年ぐらいまでやってたのかな?。いろんな意味で凄い物を感じました。
そのあとの、マリーンズ中継の解説倉持さんの応援実況中継も凄い物がありました。
応援中継なのに応援になってないw。ロッテの選手を叩きまくる倉持さんは流石だw。
あと、昔あった、99年の柏レイソルVSジェフ市原の、千葉ダービ特別実況解説(副音声)、柱谷(兄)アンド宮沢ミッシェル。お互いに実況解説を兼ねているのですが、もう居酒屋のようなサッカー談義に夢中でお互いゴールをみていないw。「あ、いつのまにかゴールしてますね。」「あ、そうですね。誰が決めたのでしょうか?」
もう笑いが止まらなかったです。
自分の中ではUHFは、どうしても千葉テレビ>テレビ神奈川>MXテレビ=テレビ埼玉って所でしょうかw。
posted by mctia at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ワタクシゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

今週末の予定

9月16日
大崎電気VSトヨタ紡織九州 14:00 八潮市立鶴ヶ曽根体育館

もしくは

第44回アミューズメントマシンショー  幕張メッセ

9月17日
完全休養


9月16日
アミューズメントマシンショーはあまり個人的に注目する企画がないので、たぶん大崎VSトヨタ紡織を観に行くと思います。
今年は大崎が全国ツアーを展開しているので、関東でJHLを観る機会は少ないし。(しかし、大崎電気はこの日程によく文句をいいませんよね。有名税ですかって、毎年東京でプレーオフやっているからチャラと言えばチャラかな?。)
元2部のチームが観たいな〜って出向かなきゃだめか・・・。
この時期になると、ホールが恋しくなる。


9月17日
久しぶりに完全休養です。
笑点みるぞ〜。サザエさんみるぞ〜。
posted by mctia at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ワタクシゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狙ってやってるんじゃない?

ちょっと話はそれます。

ブラジルで世紀の大誤審 ボールボーイの得点認められる

はじめは日刊スポーツの記事をみて、なんじゃそりゃ?って思いましたが、youtubeの映像を見て、笑ってしまいました。

とりあえず、コレをご覧ください。

GKの横を通ってやってたんだし、間違えなく狙ってやってますよね。
サンパウロの地方トーナメントであるパウリスタフットボール連盟カップは、日本で言う何部が解らないけど。(でもテレビのアナウンサーの声が入っているのだから、それなりに大きな部なんだろう)

アトレティコ・ソロカバのファンにしてみたら、「サンタクルゼンスはボールボーイに小遣いでも出して、審判が空きをみせたらやれって買収したんだ。」って勘繰りたくなる様な場面ですよね。



僕がみている、都リーグは観客(ギャラリー)がある意味ボールボーイを兼ねている所もあるります。もちろん強制はされませんが。
ボールを拾って、味方選手に「お願いします」って言って渡して、受け取った選手がそれに答えてくれるのも楽しみだったりするのですよ。(その直後に点を取ったりするとシビレるんだなぁ。これが!。)
相手チームの場合でも、「ありがとうございます」って返事してくれるチームもあったり。
グランド場にボールが行き交いするだけで生まれるコミュニケーション。今はそういうのを、大事にしていきたいなと思う今日この頃。

posted by mctia at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

9月10日の出来事

9月10日
東京ベイフットボールクラブvsWOODSを観に行きました。
会場は東京大学検見川グランド。

寝坊+総武・中央各駅線のポイント故障で新検見川に到着するのがチョット遅れる。
新検見川駅に到着したのは前半10分すぎた頃か。
そして、東京大学検見川グランドに到着したのは良いが、そこからが本番だった。
いつも、「とりあえず、施設に到着すればなんとかなる」というつもりで行ったので、それからが大変だった。
東京大学検見川グランド内の地図をチェックしてなかったのです。
まず、この地図を参照してください。
実際に試合が行なわれたのは第2サッカー場。
それを、僕は第1サッカー場から入っていったのである。
第1サッカー場もサッカーが行われているのだが、学生サッカーの試合のようだった。
その後「声の聞こえる所に行けばいつかたどり着くだろうと思ったが、試合が開始しているのに超ハイキングコースを巡る事になるとは。
第1サッカー場から、ラグビー・アメフト場をわたり、声援が聞こえると思っていってみたらテニスコート。ゴールが見えたと思ったらホッケー場。奥の方にあるのかと思ったらクロスカントリーコースを巡り。大回りしてからやっと第2サッカー場に到着する。その時は後半が始まった時だった。
この暑さに程好い涼しげな風で、ハイキングにはちょうどよい場所だったが、目的があるなら話は別。流石に焦りました(こう言うのを自業自得といいますw。)


続きます。
posted by mctia at 04:37| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

今のうちに、今週末の予定

9月8日
nonareeves 19:30 渋谷クラブクアトロ

9月9日
FC東京vsヴァンフォーレ甲府 18:30試合開始 味の素スタジアム

9月10日
東京海上日動火災保険vs東京23サッカークラブ 12:00試合開始 東京海上日動多摩グランド
または
東京ベイフットボールクラブvsWOODS 12:40試合開始 東京大学検見川グランド

9月8日はnonareevesのワンマンライブ。QRでやっていたLIPS PARTY 21.jpが、とても懐かしい。
「LOVE TOGETHER」や「DJ!DJ!~届かぬ想い」もう僕の中で名曲です。
残業が入らなければ絶対に行きます。っていうか入れないでください頼みますからw。

9月9日のFC東京戦はライブ後の体調しだい。

9月10日は東京23にとっては残留への節目となる重要な試合。
東京ベイにとっては、相手自体は9位と苦戦しているチームだが、最終戦のFCラクダ戦に対して考えると、この試合をどのように乗り切るかで重要。
(FCラクダも1失点で負けなしのチーム)

多分寸前で決めると思います
posted by mctia at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ワタクシゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

HC東京・移籍選手情報

HC東京の事を話題にした、ブログサイトを拝見した所、選手の移籍が確認できたので報告します。

taimai13さんのブログ「h.c.million」より
武藤崇之選手が北海道のハンドボールクラブ「エルムクラブ」へ。

smfactory2004さんのブログ「コアラの電車のマーチ〜mitty's blogs〜」より
宇田川竜也選手の「明星クラブ」への移籍が確認できました。



武藤選手が移籍した「エルムクラブ」は北海道のクラブの中でも、国体道予選を1位で突破するほどの強豪チームです。

武藤選手はHC東京で、彼から試合が動き出すほどのポイントゲッター。
宇田川竜也選手は、豊田合成戦でみせた気迫のこもったプレーが印象的でした。

退団した後、ハンドボールを続けているのか気になっていたのですが、ちょっと安心しました。
武藤選手とは、全国の大会でまた再会、そしてHC東京との相手として対戦したいです。
宇田川竜也選手とは、東京のチームなので対戦する機会があるかも知れません。国体予選行けばよかった・・・。
posted by mctia at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | HC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

先週の結果

9月2日
水戸サポーターの方に、前日招待を受けまして、「水戸漢祭り」に行って来ました。
会場は敷島公園陸上競技場・VSザスパ草津。
めっちゃ楽しく、めっちゃ熱く、あの雰囲気をそのまま応援に持っていけました。
水戸サポーターの皆様、当日参加された他チームサポーターの皆様、本当にありがとうございます。本当に楽しい時間をすごせられました。

「水戸漢祭り」とは、試合は?詳しくは後日に。
試合90分間、跳び続けて応援したのなんて久しぶりですよ。



9月3日
社会人リーグ3部カップ予戦
東京ベイFC VS デイズ・ジ・アゴースト
15:30試合開始 会場・鐘ヶ淵球技場
1−1の引き分け。

終わってしまったから、ネタばらしみたいな物ですが
前回の8月20日東京ベイFCvsJam,FC 市原後楽園で試合会場について電話をした時の事
「3部カップはサテライトのメンバーで行きます」
と言う話を聞いていたので、しょうがないかと思いました。
(だから公式ブログにも結果はでていない。ちなみに僕は場所が場所なので、休みました。)
ベイFCサテライトは、細かいパス回しで敵DFをかく乱さして、フリーの選手を作り、シュートを打つというサッカーの攻めの基本がしっかり出来ているチームと言う印象を持ちました。
チームのコンセプトにある「大人のサッカー」がしっかり出来ているチームでした。
ただ、ファンブルからの失点が残念だったです。
さあ後は、リーグ戦無失点記録を更新して優勝するのみ。
ギネス記録は何試合なんだろう?


東京23SC VS FCコリア
18:45試合開始 会場・朝鮮高校十条グランド
3−4でFCコリアの勝利。(前半3−2で東京23SCのリード)

東京23SCもFCコリアも、良いサッカーをやってたし、この結果はお互いに力を出し尽くした結果だから・・・。
ただ一つ納得行かないことが。
最後のロスタイム。副審が、東京23の選手がシュートを決めた後にオフサイドフラッグを上げるのは、どういう事なんだ。
あのタイミングは僕は見逃しませんでした。普通はオフサイドボジッションにいて、ボールに触れた瞬間にフラッグを上げるものなのに、シュートを打って主審がゴールを告げる笛を吹いた後にオフサイドフラッグを上げるって、いったいなんなのでしょうか?。
僕の目からは、東京23の選手の飛び出しはオフサイドじゃないと思うのですけどね。(と言ってもその場で観てないと解らないプレ−ですけど)

審判に対して文句は言わない僕ですが、今回は流石に審判に対して後味が悪かったです。(普段の都リーグの審判は選手を兼任している人も多く、プレーヤー心理を理解しながらいい笛や上手いタイミングでのアドバンテージの取り方がしっかりできてる人が多いのですがね。)



家に帰って、ネットでFC青山が警視庁に勝った事を知る。
東京23SCは現在10位(2部落ちは12位以下)。
エリース東京FCの関東リーグから都リーグへの転落の可能性もあるので、2部落ちラインがまた解らなくなってきた。
なにがなんでも、10位以上を死守しなくては。
posted by mctia at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。